湯村山城

少し前ですが甲府市街地の北部にある湯村山城跡に行きました 戦国時代武田氏の本拠である躑躅ケ崎館から東に3kmほどの場所にあります

湯村山頂上(標高446m)には、湯村山城の跡があります。城跡は、東西約65m、南北約125mの 湯村山城は、かつては湯ノ島山城とよばれ、一説には烽火台ともいわれましたが、発掘調査の結果、土塁や堀切の遺構によって、本格的な城であったと考えられます。

高白斎記によると大永三年(1523年)に武田信虎が躑躅が崎の館に続いて、詰城としての要害城、見張りの城としての湯村山城を築造しました。(説明文と縄張り図は湯村温泉ホームページから引用しました)
yumurayamajyou.jpg

DSC09668_convert_20170320191311.jpg

DSC09671_convert_20170320191046.jpg南帯郭から1郭(主郭)を見ると、そこが立派な切岸の上にあることがよくわかります

DSC09700_convert_20170320191208.jpg1郭は4方を土塁が築かれて囲まれてます。また土塁を挟んだ東側が2郭となります
城域は全体に固い岩がごろごろしてる場所なので普請も大変だったような気がします

DSC09655_convert_20170320190740.jpg3郭(北郭)との間には2重とみられる堀切(横堀)がある
大きな城ではありませんが、良くまとめられて作られてる感じがしました

DSC09665_convert_20170320190921.jpg城跡から甲府の市街地や甲府盆地がよく見渡せられますね

KIMG0670_convert_20170320191537.jpg麓の山際に鎮座する湯谷神社。その境内に戦国時代に信玄の隠し湯とされた湯村温泉(志磨の湯)についての説明板です また天正九年三月に勝頼公がここで湯治中に領民が直訴に来た!?という話も残ってるようです...
KIMG0668_convert_20170320191428.jpg(+クリックで拡大します)

スポンサーサイト
プロフィール

Author:yama
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード